【新宿】最強のハンバーグの店「ハンバーグ ウィル」新宿御苑に行くときにぜひ!

ハンバーグ ウィルはこんなお店です。

こんにちは!
ラグランチ編集部のマエダです。

今回ご紹介するのは「ハンバーグ ウィル」。

一言でいうと、死ぬほど美味かった。
二言でいうと、美味いだけではなくすべてにおいて完璧だった。

そんなお店です。

ウィル外観

今回ランチでいただいたのは、こちらのハンバーグたち。
ハンバーグ モッツァレラチーズ(デミグラスソース)とハンバーグ 岩中豚のパンチェッタベーコン(マスタードクリームソース)です。

チーズハンバーグ

割るとチーズがトローって出てくるのがたまらん!!

ハンバーグ

こちらはベーコンが巻かれていて、旨味の掛け算状態!!

岩手県産の銘柄豚「岩中豚」を100%使用したちょっと珍しいハンバーグ。
たしかに豚肉の旨味を直球でぶつけてくるような、ストレートな美味しさがありました!
美味しいハンバーグって、肉をそのまま食べるよりもジューシーさが伝わる気がするのは私だけではないでしょう。

カウンター8席、テーブル16席の店内。

運よくカウンターに座ることができると、目の前でハンバーグが焼くのを見られます。

ハンバーグ鉄板

いい匂いがするんですよ・・・。(撮影許可いただいてます)

スカイツリーの展望台の景色よりも絶景かも・・・!!

やっぱり美味いハンバーグって1,000円超えてくるよなぁ~、最高。なんて思いながら、至福の瞬間を味わえるハンバーグウィル、めちゃくちゃオススメです。

ハンバーグ ウィルにはこんな時に行きたい!

シチュエーションごとのオススメ度(5点満点)
初デートのランチ
(4.0)
記念日デートのランチ(誕生日など)
(3.5)
1人でご褒美ランチ(男性)
(4.5)
1人でご褒美ランチ(女性)
(5.0)
ランチ女子会(2~4人)
(3.0)
お子さんと一緒にランチ(ママ友と)
(2.5)
同僚とランチミーティング
(2.5)
こんなシチュエーションにオススメ!
  1. 初デートのランチ
  2. 記念日デートのランチ(誕生日など)
  3. 1人でご褒美ランチ(男性)
  4. 1人でご褒美ランチ(女性)
こういうシチュエーションには向かないかも・・・。
  1. 女子会(2~4人)
  2. お子さんと一緒にランチ(ママ友と)
  3. 同僚とランチミーティング

※ラグランチ編集部の採点です。

内装は全体的にオシャレで、デートの雰囲気にはもってこいのお店です。
店内にある豚の置物や絵画がとてもキュートで、友達や恋人と話がめっちゃくちゃ弾むこと間違いなし!

食べログの評価が3.60(2018/10/1現在)。
明らかにワンランク上のハンバーグ(メニュー紹介は後ほど)なので、特別感があります。
普段使いする値段ではないと思いますが、仕事に疲れた時やちょっと気合を入れなおしたいとき、自分へのご褒美が欲しいときには絶対にオススメです。
新宿御苑の隣といってもいい立地なので、さいっこうに美味いハンバーグを食べて新宿御苑を散歩するというゴールデンルートがあるのも素晴らしいですね!

ウィル内装

かわいい置物もありました・・・!

完璧に思える店、ハンバーグウィル。
居心地の良さ、味、ともにトップクラスのお店なのですが、一つだけ問題点があります。
それは、とても混んでるにも関わらず、ランチタイムは予約ができないこと。

これがさんざんデートにはもってこいだ!と言いながら初デートの点数が低い理由がこれです。
われわれが行ったのは平日のラストオーダー手前の14時10分ごろだったのですが、この行列でした・・・。

ハンバーグウィル行列

「えっ・・・」と思わず絶句しました。

常にお客さんが待っているので長居ができないため、女子会やママ友の会には向いてないかなと。
ただ、女子2人で来ていたお客さんもいたので、長居しておしゃべりするのでなければ問題ありません。
味もコッテリというよりは優しめの味付けなので、女性が好きそうかなと思いました。

ハンバーグ ウィルのランチメニューについて

注文の方法としては、まず6種類のハンバーグ、3種類ソースの中から選ぶ。
それから、単品かコースかを選ぶという方式。

ハンバーグ(ライスとパンのどちらかを選択、温泉卵は無料で付けられます。)
  1. プレーン(1,000円)
  2. 粗挽きペッパー(1,100円)
  3. モッツァレラチーズ(1,200円)
  4. 軟骨(1,300円)
  5. パンチェッタベーコン(1,400円)
  6. フォアグラ(1,800円)
ソース
  1. デミグラスソース
  2. クリームマスタードソース
  3. 柚子胡椒ソース
コース
  1. Aコース(+380円)
    サラダとドリンク
  2. Bコース(+580円)
    サラダとドリンクと季節のデザート

単品でもライスもしくはパンがついてくるので単品でもオッケー・・・なのですが、ぜひともBコースにトライしていただきたいです。

な・ぜ・な・ら。
季節のデザートがとても美味しかったから!

この日は「タピオカ入りほうじ茶ミルクティーのババロア」だったのですが、ケーキ屋さんのクオリティーでした。

こんな感じでプルップル。
とろける食感でした。

さすが1,500クラスのランチ!
やっぱりすべてにおいて抜け目がないんですよね。

ちなみに、取材に行った日はサラダが売り切れてしまったため、単品で注文しました。
サラダも食べてみたいので、またリピして絶対食べます!

ハンバーグ ウィルへのアクセスについて

地図だけでは不安な方へ。絶対迷わないハンバーグウィルへのアクセス方法!
  1. 新宿駅南口を出る。
  2. 新宿御苑の入り口まで行く。
  3. 入口に沿って歩く。
  4. 3分ほど歩いて行くと到着。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です